コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラシメジ(油占地) アブラシメジCortinarius elatior

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラシメジ(油占地)
アブラシメジ
Cortinarius elatior

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。傘の直径5~10cm,初めは鐘形またはまんじゅう形であるが,開くと平らになり,中央だけが盛上がった形になる。傘の表面は黄褐色ないしオリーブ色,常に粘液が出ていて油を塗ったようにみえる。茎は白く,長さ8~18cm,太さ1~2cm。秋に,広葉樹林の落ち葉の間に生える。食用になる。北海道から本州に知られ,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android