コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブル・アターヒヤ アブル・アターヒヤ Abū al-`Atāhiyah

2件 の用語解説(アブル・アターヒヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブル・アターヒヤ
アブル・アターヒヤ
Abū al-`Atāhiyah

[生]748. クーファ
[没]825/826. バグダード
アラブの詩人。貧困の家庭に育ち,十分な教養を受けることができなかった。若い頃は遊蕩の生活をおくり,恋愛詩などにその才を発揮した。アッバース朝カリフ,ハールーン・アッラシードの寵を得たのち,やがて敬虔素朴な作風に転じ,人間の悩みをうたいあげ,最初の哲学的アラブ詩人といわれるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブル・アターヒヤ
あぶるあたーひや
Ab 'l-‘Athiyah
(748―828)

アラブの詩人。イラク生まれる。教王マフディーをはじめ、ハールーン・アッラシードらと接触して頌詩(しょうし)を捧(ささ)げ、莫大(ばくだい)な援助を受ける。教王マフディーの側女(そばめ)ウトバに恋して愛の詩をつくったが、まったくの片思いに終わり、その絶望から羊の毛の衣をまとった禁欲主義者となったという。世界と人生について思いを巡らしたが、かならずしも伝統的なイスラムの教えどおりには考えず、宗教を忘れた自由思想家と非難された。初期の詩にはさまざまの内容のものがあるが、のちには哲学的色彩が濃くなり、この点でアラブ文学史上独自の位置を占める。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブル・アターヒヤの関連キーワードサーファークーファン陸サーファービーファイターファーファファーファ柔軟剤ファーファ Spaベビーファンド丘サーファー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone