アブル・ワファ(読み)あぶるわふぁ(英語表記)Muhammad ibn Muhammad ibn Yahhyā ibn Ismāīl ibn al-Abbās AbŪ'l-Wafa al-BŪzjānī

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブル・ワファ
あぶるわふぁ
Muammad ibn Muammad ibn Yahy ibn Isml ibn al-Abbs Ab'l-Wafa al-Bzjn
(940―997/998)

ペルシア系のイスラム教徒で、バグダードの天文台で活躍した偉大な天文学者、数学者。ギリシアの科学書をアラビア語に翻訳し注釈した最後の一人で、ユークリッド、ディオファントス、フワーリズミーの著作を注釈した。『アルマゲスト』Almagestの翻訳とみられる『完全な書』Kitb al-kmiilを書いた。とくに三角法の分野でいくつかの注目すべき改良を行った。[平田 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android