コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ターリブ アブー・ターリブAbū Ṭālib

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・ターリブ
Abū Ṭālib

[生]?
[没]619頃. メッカ
イスラムの預言者ムハンマドの叔父。ムハンマドの祖父が死去したのち,彼を引き取り養育した。ムハンマドの少年時代に彼を連れてシリアまで商用の旅行をした。ムハンマドが預言者として活躍しはじめると,改宗はしなかったが,一貫して彼を迫害の手から保護した。彼の死はムハンマドにとって保護者の喪失を意味し,その後まもなくメッカを離れることを余儀なくされた。第4代カリフ,アリーはアブー・ターリブの子である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブー・ターリブの関連キーワードムハンマド(イスラム教の創唱者)ムハンマドヒジュラ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android