コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ウバイダ Abū ‘Ubayda

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ウバイダ【Abū ‘Ubayda】

728‐825
アラブの文学家,言語・文献学者。イランユダヤ人の血を引き,バスラに生まれた。のちバグダードに出て,アッバース朝カリフ,ハールーン・アッラシードの面前でアスマイーと各種の文学論争を行った。コーランアラビア語,アラブ戦史などにつき105種の書物を著したが,《ジャリールとファラズダク論争詩解説》しか残っていない。シュウービーヤ主義者でアラブをけなし,またハワーリジュ派の思想の持主であった。【池田 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・ウバイダの関連キーワードベオルンウルフ鋳銭司(ちゅうせんし 日本史)安積親王大伴郎女守部大隅ポスター葛原親王エス・バイ・エル原発避難者の復興公営住宅

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone