コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ウバイダ Abū ‘Ubayda

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ウバイダ【Abū ‘Ubayda】

728‐825
アラブの文学家,言語・文献学者。イラン系ユダヤ人の血を引き,バスラに生まれた。のちバグダードに出て,アッバース朝カリフ,ハールーン・アッラシードの面前でアスマイーと各種の文学論争を行った。コーラン,アラビア語,アラブ戦史などにつき105種の書物を著したが,《ジャリールとファラズダク論争詩解説》しか残っていない。シュウービーヤ主義者でアラブをけなし,またハワーリジュ派の思想の持主であった。【池田 修】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブー・ウバイダの関連キーワードアブー・ウバイダ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android