コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ハニーファ Abū Hanīfa

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ハニーファ【Abū Hanīfa】

699ころ‐767
イスラム法学者。スンナ派四法学派の一つハナフィー派の祖。祖父はアフガニスタンからクーファに連れてこられた奴隷で,父の代から絹織物商であった。主としてクーファで法学・神学を学び,師のハンマードの没後クーファにおける法学の第一人者と称せられた。カーディー(裁判官)の職に就くことなく,多くの弟子を育てた。著書とされているものの多くは,後世の人の作品と考えられる。シーア派との関係を疑われてバグダードで獄死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アブー・ハニーファの関連キーワードアブー・ユースフアブー・ユースフハナフィー学派中東史(年表)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android