コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ユースフ Abū Yūsuf

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ユースフ【Abū Yūsuf】

731‐798
アラブのイスラム法学者。クーファの人でアブー・ハニーファマーリク・ブン・アナスに法学を学び,ハナフィー派の事実上の創始者。バグダードのカーディーとなり,アッバース朝カリフ,ハールーン・アッラシードにより初代の大カーディーに任ぜられ,同時にその政治顧問となった。著書《ハラージュの書》《先例の書》《アブー・ハニーファとイブン・アビー・ライラーの意見の相違の書》が現存する。【嶋田 襄平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アブー・ユースフの関連キーワード年齢元聖王アブー・ユースフ731部隊侵華日軍第七三一細菌部隊罪証陳列館グレゴリウス3世ベーダグレゴリウス2世リビア制裁決議最低賃金

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android