アプリケーションゲートウェイ(読み)あぷりけーしょんげーとうぇい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アプリケーションゲートウェイ

ファイアウォールの技術の1つで、パケットをLANからそのままインターネットに通過させるのではなく、LAN側のコンピューターが利用するアプリケーションの動作を代行してインターネット側のサーバーに通信を中継する仕組み。アプリケーションゲートウェイは、パケットの中に書かれたアプリケーション層プロトコルの要求と応答を相手に伝えることで通信を実現している。これを利用して、不正なデータやコマンドがないかをチェックできる。アプリケーションゲートウェイは、データ部分まで見て通信を制御したい場合に利用するファイアウォール機能である。アプリケーションゲートウェイの機能を持つサーバーは「プロキシサーバー」と呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android