コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプリケーション開発プラットホーム あぷりけーしょんかいはつぷらっとほーむsoftware platform for application development

1件 の用語解説(アプリケーション開発プラットホームの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

アプリケーション開発プラットホーム

応用ソフトやハードウエアの開発を効率化するための基盤となる環境のこと。パソコンのOS(オペレーティングシステム・基本ソフト)はこれに当たる。ロボットの場合も同様で、マイクロソフトが2006年12月に「Microsoft Robotics Studio」を初めての商用プラットホームとして公表したのをはじめ、今後各種のプラットホームが登場するとみられる。

(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone