アプリケーション開発プラットホーム(読み)あぷりけーしょんかいはつぷらっとほーむ(英語表記)software platform for application development

知恵蔵の解説

アプリケーション開発プラットホーム

応用ソフトハードウエアの開発を効率化するための基盤となる環境のこと。パソコンのOS(オペレーティングシステム・基本ソフト)はこれに当たる。ロボットの場合も同様で、マイクロソフトが2006年12月に「Microsoft Robotics Studio」を初めての商用プラットホームとして公表したのをはじめ、今後各種のプラットホームが登場するとみられる。

(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android