コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベンネル あべんねる

世界大百科事典内のアベンネルの言及

【バルラームとヨアサフ】より

…仏陀伝説のキリスト教版で,ヨアサフJoasaph(ヨサファトJosaphat)の名はアラビア語ブダサフを経て菩薩にさかのぼる。インドの王子ヨアサフは,父王アベンネルAbennerのあらゆる予防措置にもかかわらず,煩悩を知り,修道士バルラームBarlaamの教化で使徒トマスがインドに伝えたキリスト教を受け入れ,自分の民を改宗に導き,彼らに善行を施すが,やがて王国を捨てて師の許に赴き,敬虔な隠者として一生を送るというもの。ギリシア人はヨアサフを,ロシア人はバルラームとアベンネルまで教会聖人暦に収める。…

※「アベンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報