コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アボッタバード Abbottābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アボッタバード
Abbottābād

パキスタン北部,カイバル・パクトゥンクワ州ペシャワル県の都市。ラワルピンディーの北東 61kmにある。1853年に創設され,イギリス植民地時代のハザラ地方初代副長官ジェームズ・アボットにちなんで命名された。軍の要衝で陸軍司令部,三軍士官学校,兵営がある。人口の約半分は軍関係者。16km南のハベリアンにある鉄道の駅は,ラホール,ラワルピンディー,ペシャワルを結ぶ幹線から出る支線の終点。人口 10万6101(1998)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アボッタバードの関連キーワードビン・ラディン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android