コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アボッタバード Abbottābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アボッタバード
Abbottābād

パキスタン北部,カイバル・パクトゥンクワ州ペシャワル県の都市。ラワルピンディーの北東 61kmにある。1853年に創設され,イギリス植民地時代のハザラ地方初代副長官ジェームズ・アボットにちなんで命名された。軍の要衝で陸軍司令部,三軍士官学校,兵営がある。人口の約半分は軍関係者。16km南のハベリアンにある鉄道の駅は,ラホール,ラワルピンディー,ペシャワルを結ぶ幹線から出る支線の終点。人口 10万6101(1998)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アボッタバードの関連キーワードビン・ラディン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android