コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポ─ アポapo-

翻訳|apo-

岩石学辞典の解説

アポ─

岩石が二次的に変質作用または交代作用による変化に対して,原岩の組織を失っておらず原岩との関係が明示される場合に用いる接頭語で,特に火山岩に用いる.ガラスの脱ガラス化作用(aporhyolite)あるいは砂岩の交代作用(aposandstone, apogrit)などがある[Bascom : 1893, Van Hise : 1904, 渡辺編 : 1935].ギリシャ語のapoは英語のfrom, offに相当する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

アポ─の関連キーワードアポリポタンパク質B欠損症血液中の脂肪とリポたんぱくアポリポタンパク質B欠損アポロ・エピクリオス神殿アポジーキックモーターオリンポスの十二神ファーティフモスクアポイントメントミンダナオ[島]静止ドリフト軌道アポジーモーターアポジーエンジンプラクシテレスアポ造山時貫入アポタンパク質アクメイズムフィトクロムゴロデツキーサンタンダーアポ電詐欺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android