コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポストロフィ apostrophe

翻訳|apostrophe

大辞林 第三版の解説

アポストロフィ【apostrophe】

ローマ字表記で、文字の右肩に付けられる「'」の記号。英語では縮約形や所有格であることなどを表す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアポストロフィの言及

【句読点】より

…文のなかの部分と部分との切れめを示す符号として,コンマcomma(,),セミコロンsemicolon(;),コロンcolon(:)があり,この順序に切れめが長くなる(該当する息の切れめが時間的に長くなる)。このほか,話線の性質が変わるときに用いる符号として,引用符quotation marks(“ ”など),かっこparentheses(( )),角かっこbrackets([ ]),ダッシュdash(―),ハイフンhyphen(‐),アポストロフィapostrophe(’)などがあり,これらは日本語でも横書きのときに用いられるようになりつつある。なお,文のなかのある部分を強調するために用いるイタリックitalics,頭(かしら)文字法capitalizationなど,なにかつけ加えるのではなく,字面に手を加える場合もいれれば4種類になる。…

※「アポストロフィ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アポストロフィの関連キーワードドント・ルック・バック所有格記号右肩

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アポストロフィの関連情報