コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロドロス[ダマスカス] Apollodōros of Damascus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポロドロス[ダマスカス]
Apollodōros of Damascus

ギリシアの建築家,技師。トラヤヌス帝 (在位 98~117) 時代にローマで活躍。皇帝の命を受けてドナウ川に長大な橋を建設したほか,アンコナの凱旋門,ローマに円形劇場,浴場,音楽堂など多くの公共建築物を建てたと伝えられる。特にローマのトラヤヌス帝のフォールム (公共広場) の建設 (107~113) が著名で,現在もその中央に彼が建てた同帝の巨大な記念柱 (→トラヤヌス帝記念柱 ) が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android