コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロドロス[ダマスクスの] Apollodōros

世界大百科事典 第2版の解説

アポロドロス[ダマスクスの]【Apollodōros】

60ころ‐130ころ
2世紀初めに活躍した,帝政ローマ時代の建築家。シリアダマスクス出身といわれる。1世紀末ころドミティアヌス帝時代にローマに行き,トラヤヌス帝の首席建築家となる。ハドリアヌス帝の設計したビーナスとローマの神殿を酷評し,それがもとで130年追放され,やがて死罪となった。ルーマニアのドロベタ(現,トゥルヌ・セベリン)でドナウ川に架けた大橋(104‐105),〈トラヤヌスのフォルムForum Trajani〉(107‐113)とマーケットなどを手がける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アポロドロス[ダマスクスの]の関連キーワード徳山駅周辺整備事業徳山駅周辺整備計画電離層ライト級乾性油印南亜衣ローランド(筑波)号高血圧症住居侵入罪ミクロネシア