アポロドロス[ダマスクスの](英語表記)Apollodōros

世界大百科事典 第2版の解説

アポロドロス[ダマスクスの]【Apollodōros】

60ころ‐130ころ
2世紀初めに活躍した,帝政ローマ時代の建築家。シリアのダマスクス出身といわれる。1世紀末ころドミティアヌス帝時代にローマに行き,トラヤヌス帝の首席建築家となる。ハドリアヌス帝の設計したビーナスとローマの神殿を酷評し,それがもとで130年追放され,やがて死罪となった。ルーマニアのドロベタ(現,トゥルヌ・セベリン)でドナウ川に架けた大橋(104‐105),〈トラヤヌスのフォルムForum Trajani〉(107‐113)とマーケットなどを手がける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android