コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロニオス[ロドスの] Apollōnios

1件 の用語解説(アポロニオス[ロドスの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アポロニオス[ロドスの]【Apollōnios】

前3世紀のギリシアの学者,詩人。生没年不詳。英雄叙事詩アルゴナウティカ》4巻の作者。その他学問的著作,短編詩も書いた。生国はアレクサンドリアともナウクラティスとも言われる。前260年ころアレクサンドリア図書館長となり,前247年ころロドス島に隠退した。このため〈ロドスの人Rhodios〉と呼ばれる。長編詩と短編詩の是非をめぐる師カリマコスとの激しい文学論争は当時の有名な事件として伝えられている。《アルゴナウティカ》は長編詩を嫌う当時の傾向を押し切って書かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアポロニオス[ロドスの]の言及

【ウァレリウス・フラックス】より

…しかし第8巻メデア(メデイア)の兄アプシュルトゥス(アプシュルトス)がアルゴー船を追跡する場面で中断しており,以下は未発見である。アレクサンドリア期のアポロニオス(ロドスの)の同名の叙事詩を基にした作品であるが,模倣に終始せず,登場人物の性格描写,情感の表出に力を注ぎ,とくにイアソンの英雄像はアポロニオスをはるかにしのぐものとなっている。また,当時の詩人に特有の,博識を誇示し,過度の修辞を好むという悪癖をもたず,語り口は直截で,劇的である。…

※「アポロニオス[ロドスの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アポロニオス[ロドスの]の関連キーワードアナクレオンアリオンクセノファネスタナグラ人形テオクリトスヘロドトスギリシャ語ギリシャ哲学ギリシャ文字セクストスホエンペイリコス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone