アポロニオス・デュスコロス(英語表記)Apollōnios Dyskolos

世界大百科事典 第2版の解説

アポロニオス・デュスコロス【Apollōnios Dyskolos】

2世紀アレクサンドリアのギリシア語文法学者。生没年不詳。古代・中世・ルネサンス初期に至るまで,文法学の権威と仰がれた。その著述は二十数巻を数えたと伝えられるが,現存するのはその中の4巻で,代名詞副詞接続詞,統辞論をおのおの扱い,統辞論の巻はアポロニオスの文法学の要諦をも兼ねている。ギリシア語文法学は前2世紀トラキアのディオニュシオスによって学問として説かれたのを嚆矢(こうし)とするが,アポロニオスは俗説を排し,語の機能を明らかにし,文法的原則に立脚した品詞論や統辞論を展開し,文法を学問的基礎の上に構築した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアポロニオス・デュスコロスの言及

【プリスキアヌス】より

…それまでの文法書が取りあげなかった構文論に2巻を割いているのが大きな特徴である。本の構成および記述はアポロニオス・デュスコロスとその息子ヘロディアノスの共著《ギリシア語文法論》に多くを負っている。キケロ,ウェルギリウス,ホラティウスら古典期の作家の文例を豊富に収録し,中世を通じて広範囲にわたって利用された。…

※「アポロニオス・デュスコロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android