コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポ玄武岩 アポげんぶがんapobasalt

1件 の用語解説(アポ玄武岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アポ玄武岩

アポ(apo-)という接頭語は,岩石がほかに変化したり原岩の組織を失なわずに交代作用で変化したことを示している.特に火山岩ガラス再結晶作用を受けたことに使用する.砂岩の交代作用などにも用いられる.アポ玄武岩はガラスが再結晶した玄武岩のことをいう[Bascom : 1893].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

アポ玄武岩の関連キーワードOSアポ山変朽アポグラフィック組織岩枝アポエンドキネマテイック結晶作用アポ─外岩漿成変朽流紋岩アポ安山岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone