アポ造山時貫入(読み)アポぞうざんじかんにゅう(英語表記)apo-orogenic intrusion

岩石学辞典の解説

アポ造山時貫入

後造山時貫入(postorogenic intrusion).アポは二次的に性質が変化した岩石,特に火山岩に対してその原岩石との関係を明示する場合に用いられる接頭語[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android