コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマサギ(黄毛鷺) アマサギcattle egret

世界大百科事典 第2版の解説

アマサギ【アマサギ(黄毛鷺) cattle egret】

コウノトリ目サギ科の鳥(イラスト)。全長約52cm。コサギより少し小型の白色のサギで,夏羽は頭頸部と肩,背,上胸の羽毛がキツネ色となる。一名ショウジョウサギという。アジア南部とアフリカに分布するが,近年分布域を拡大し,ヨーロッパ南部にもすむようになり,またアフリカから海を越えて南アメリカに入り,さらに北アメリカにも現れるようになった。日本には5月ごろ夏鳥として渡来し,本州,四国,九州で繁殖するが,近年やはり数が増え,繁殖地も広がる傾向にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android