コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマチャヅル(甘茶蔓) アマチャヅルGynostemma pentaphyllum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマチャヅル(甘茶蔓)
アマチャヅル
Gynostemma pentaphyllum

ウリ科多年生のつる草で,日本,朝鮮半島,中国,インドシナなどに分布する。雌雄異株で,普通,山野のやや湿った林床に生える。茎は巻きひげでからみつきながら長く伸び,葉を互生する。葉は通常披針形の5小葉からなり,質が薄く,表面には細毛を散生する。8~9月頃開花し,葉腋から柄を出して総状花序をつくる。花は黄緑色で小さく,花冠は深く5裂する。雄花のおしべは合着して円柱状になる。果実は径6~8mmの球形の液果で,黒緑色に熟す。和名は葉に甘みがあることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone