コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミ(醬蝦) アミ

1件 の用語解説(アミ(醬蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アミ【アミ(醬蝦)】

甲殻綱フクロエビ上目アミ目アミ科Mysidaeとこれに近縁なものの総称。魚類の天然餌料として重要であるばかりか,汽水・淡水産のものは漁獲され,つくだ煮として食用にされるほか,イワシ,アジなどを捕獲する餌として,また,養魚,養鶏などの餌としても用いられている。体長0.5~2cmくらい。形はエビ類やオキアミ類(いずれも甲殻綱ホンエビ上目)に似ているが,形態上の特徴が異なる。アミ類では,背甲が胸部の大部分を覆っているが,第4胸節より後方では胸部から遊離している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アミ(醬蝦)の関連キーワードアミノ基甲殻類コマセアミ袋網闇夜に目あり醤蝦沖醤蝦アミガサダケオキアミ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone