コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミジグサ(網地草) アミジグサ Dictyota dichotoma (Hudson) Lamour.

1件 の用語解説(アミジグサ(網地草)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アミジグサ【アミジグサ(網地草) Dictyota dichotoma (Hudson) Lamour.】

褐藻アミジグサ科の代表的な海藻で,体に細かい網目模様のあることから,この名がある(イラスト)。体は黄褐色,帯状で,ほぼ規則正しく叉(さ)状に分枝し,高さ7~15cm,幅0.5~1.0cmになる。体の先端には大型の頂端細胞があり,盛んに分裂して生長する。生殖は晩春から夏の時期で,体表に肉眼で認められる生卵器,造精器,あるいは四分胞子囊を斑紋状につくる。放卵は新月と満月のほぼ1~2日前に起こり,受精卵は発芽すると複相(2n)の胞子体となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アミジグサ(網地草)の関連キーワードアミノ基網地草藺草海団扇漆草一重草アミクサ褐藻類テングサ対応時間の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone