コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミュントル あみゅんとる

世界大百科事典内のアミュントルの言及

【フォイニクス】より

…(2)英雄アキレウスの養育者。ボイオティア地方のエレオン王アミュントルAmyntōrの子。母の頼みで父の妾を誘惑したことが知れて国をすてたが,プティア王ペレウスの厚遇を受けてテッサリア地方のドロペス人の王に任じられ,ペレウスに一子アキレウスが生まれると,その養育をゆだねられた。…

※「アミュントル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アミュントルの関連キーワードフォイニクス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android