コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムバーラ Ambāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムバーラ
Ambāla

インド北西部,ハリヤナ州北部にある都市。デリーの北北西約 184kmに位置。豊かな農業地帯を控え,穀物サトウキビの取引が盛ん。綿織物,竹製家具などの手工業のほか製粉,食品加工,製紙工業が行われる。空港,パンジャブ大学のカレッジ数校があり,6.5km南東にアムバーラの兵営がある。人口 11万 9535 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android