コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメダス観測所

1件 の用語解説(アメダス観測所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アメダス観測所

1974年に運用を始めた気象庁地域気象観測システムを使い、気温や降水量、風向、風速などを自動的に計測する。全国に約1300カ所。都内には降水量だけを観測する2カ所と合わせて計10カ所ある。気象庁によると、計器などを置く約30平方メートルの土地▽半径10メートル以内にアスファルトなどの熱源がない▽周辺に高さ10メートル以上の建物がない、といった条件がある。

(2012-07-25 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメダス観測所の関連キーワード気象大学校アメダス気象予報士海洋気象台気象記念日地方気象台中央気象台RMC気象白書MICOS

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アメダス観測所の関連情報