コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメフラシ(雨虎) アメフラシAplysia kurodai

世界大百科事典 第2版の解説

アメフラシ【アメフラシ(雨虎) Aplysia kurodai】

春季,海岸の岩れき地の海藻の間にふつうに見られる殻が著しく退化した黒いナメクジ型のアメフラシ科の巻貝(イラスト)。日本各地,朝鮮半島,中国,台湾に分布。体の長さは通常15cmくらいであるが,大きいのは40cmに達する。体をのばすと長卵形,前方へ細くなり,黒色に小さい灰白斑が全面にあるが,個体変異が著しい。頭には前触角と後触角(嗅角(きゆうかく))が各1対ある。前者が大きく,その形がウサギの耳のようなのでアメフラシを英名ではsea hareという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android