コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメフラシ(雨虎) アメフラシ Aplysia kurodai

1件 の用語解説(アメフラシ(雨虎)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アメフラシ【アメフラシ(雨虎) Aplysia kurodai】

春季,海岸の岩れき地の海藻の間にふつうに見られる殻が著しく退化した黒いナメクジ型のアメフラシ科の巻貝(イラスト)。日本各地,朝鮮半島,中国,台湾に分布。体の長さは通常15cmくらいであるが,大きいのは40cmに達する。体をのばすと長卵形,前方へ細くなり,黒色に小さい灰白斑が全面にあるが,個体変異が著しい。頭には前触角と後触角(嗅角(きゆうかく))が各1対ある。前者が大きく,その形がウサギの耳のようなのでアメフラシを英名ではsea hareという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アメフラシ(雨虎)の関連キーワード海牛春季菅藻バッカル海布海素麺樺海苔藻魚イワノリ水産養殖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone