コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカの第三党運動 アメリカのだいさんとううんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカの第三党運動
アメリカのだいさんとううんどう

19世紀を通じて等質的な民主,共和両党による二大政党対立が行われてきたが,南北戦争後社会,経済状況が大きく変化し,多様な利害の対立が生じてきた。そしてこれらは二大政党のパイプのなかに吸上げられなかったので,ついに第三党が出現することになった。それは,禁酒党,労働者政党,農民政党の3種に分れた。しかし,これらの主張や要求は,やがて民主,共和両党の一方ないし双方によって取上げられて実施されることとなった。そのために第三党は存在意義を失っていった。 (→第三政党 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android