アメリカ合衆国史(年表)(読み)あめりかがっしゅうこくしねんぴょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ合衆国史(年表)
あめりかがっしゅうこくしねんぴょう

1497 イタリア人カボート、北アメリカ北東海岸に到達
1565 スペイン人、フロリダに植民地建設
1585 ローリー卿、ロアノーク島に植民活動、失敗
1607 イギリスの最初の永続的植民地、バージニアに建設される
1619 バージニアで最初の植民地議会開設、アフリカ人が黒人奴隷として移入される
1620 ピルグリム・ファーザーズ、メイフラワー号で植民
1630 マサチューセッツ植民地建設される
1636 ハーバード大学設立
1664 ニュー・アムステルダム、イギリス領となりニューヨークと改称
1690 ボストンで植民地最初の新聞発刊
1732 イギリス領植民地の数、13となる
1754 植民地代表、オルバニー会議開催
1763 フレンチ・アンド・インディアン戦争(1754~)でイギリスが勝利、カナダとミシシッピ川以東の地域を獲得
1765 イギリス議会、印紙税法制定。植民地の不満増大
1773 ボストン茶会事件起こる
1774 第1回大陸会議開催
1775 独立戦争勃発
1776 独立宣言を公布
1778 米仏通商・同盟条約締結
1781 連合規約発効(~1789)。ヨークタウンの戦い起こる
1783 パリ平和条約調印、独立承認される(パリ条約)
1787 憲法制定会議開催。北西部土地条令制定
1789 アメリカ合衆国正式に発足。ワシントン、初代大統領に就任
1791 合衆国銀行設立。権利章典発効
1793 中立宣言。ホイットニー、綿繰機を発明
1794 ジェイ条約締結
1795 ピンクニー条約でミシシッピ川航行権獲得
1796 ワシントン大統領、告別演説で海外の紛争への不介入と中立を主張
1800 ワシントン、首都となる
1803 フランスよりルイジアナ地方を購入
1807 フルトンの蒸気船、ハドソン川を航行
1808 奴隷輸入禁止
1811 カンバーランド国道建設着工
1812 一八一二年戦争始まる(~1814)
1816 最初の保護関税法成立
1819 スペインよりフロリダ地方を購入
1820 ミズーリ協定成立
1823 モンロー主義を宣言
1825 エリー運河(ニューヨーク州バージ運河)開通
1830 最初の鉄道開通。「インディアン強制移住法」制定
1831 ギャリソン、『解放者(リベレーター)』誌創刊。ナット・ターナーの反乱
1832 ジャクソン、合衆国銀行の期限延長を拒否
1833 アメリカ奴隷制反対協会設立される(奴隷制廃止運動)
1835 先住民セミノール(アメリカ・インディアン)に対する第二次セミノール戦争勃発(~1843)
1836 テキサス、メキシコより独立を宣言
1837 最初の周期的恐慌起こる
1843 オレゴンへの大量移住開始(オレゴン道)
1845 テキサス併合
1846 メキシコ戦争始まる(~1848)。オレゴン協定締結(オレゴン問題)
1847 モルモン教徒、ソルト・レーク・シティを建設
1848 カリフォルニアで金鉱発見、ゴールド・ラッシュ始まる。メキシコよりカリフォルニアに至る地域を獲得
1850 「一八五〇年の妥協」成立。逃亡奴隷法制定
1852 ストー夫人の『アンクル・トムの小屋』出版
1853 ガズデン購入
1854 カンザス・ネブラスカ法成立。共和党結成
1857 ドレッド・スコット判決下る
1859 ブラウンの蜂起
1860 リンカーン、大統領に当選(~1865)。サウス・カロライナ、連邦を脱退
1861 脱退諸州、南部連合を結成。南北戦争始まる(~1865)
1862 ホームステッド法制定
1863 奴隷解放宣言。ゲティスバーグの戦い(ゲティスバーグの演説)
1865 解放民管理局設置。憲法修正13条で奴隷制廃止
1866 大西洋横断海底電信完成。クー・クラックス・クラン(KKK)結成される
1867 南部再建諸法制定(再建法)。ロシアからアラスカ購入。グレンジャー運動起こる
1869 最初の大陸横断鉄道完成。労働騎士団結成。全国婦人参政権協会設立される
1873 経済恐慌勃発
1876 カスター軍全滅
1877 「再建時代」終了。鉄道大ストライキ。社会主義労働党結成される
1879 エジソン、白熱灯を発明
1881 タスキーギ学校設立される
1882 スタンダード石油設立。中国人労働者入国禁止法制定
1883 ペンドルトン法制定
1886 ヘイマーケット事件。アパッチ戦争終わる。アメリカ労働総同盟結成される
1887 ハワイの真珠湾(パール・ハーバー)を租借。州際通商法制定。アメリカ・インディアンに関するドーズ法制定
1889 第1回汎アメリカ会議開催
1890 シャーマン反トラスト法成立。アメリカ・インディアン虐殺事件起こる(ウンデッド・ニー事件)
1892 人民党(ポピュリスト)結成される
1893 経済恐慌勃発。ターナー、「フロンティアの消滅」を指摘(フロンティア学説)
1894 プルマン・ストライキ起こる
1896 最高裁、人種差別に合法判決
1898 アメリカ・スペイン戦争勃発。ハワイ併合。スペインよりフィリピン、プエルト・リコなどを獲得
1899 中国に関する門戸開放・機会均等政策。サモアを分割領有(サモア問題)
1900 金本位制度を採用
1901 USスチール会社設立。社会党結成。プラット修正条項可決。ヘイ‐ポンスフォート条約締結
1903 パナマ運河条約によりパナマ運河地帯を永久租借
1904 T・ルーズベルト、ラテンアメリカへの干渉権を主張
1907 日本人移民制限に関する日米紳士協約締結。移民数、史上最高を記録
1908 高平‐ルート協定締結
1909 全国黒人向上協会結成される
1911 最高裁、スタンダード石油の解体を判決
1912 ウィルソン、「ニューフリーダム」を提唱
1913 連邦準備制度設立
1914 第一次世界大戦に中立を宣言。パナマ運河開通。クレートン反トラスト法制定
1916 連邦農場金融法制定。メキシコ革命に武力介入
1917 第一次世界大戦に参戦。防諜法制定
1918 ウィルソン、「十四か条」を発表。シベリア出兵
1919 共産党結成される。鉄鋼ストライキ
1920 パーマーの「赤狩り」。ベルサイユ条約の批准否決される。女性参政権認められる
1921 ワシントン会議開催(~1922)。サッコとバンゼッティに有罪判決(サッコ‐バンゼッティ事件)
1923 ティーポット・ドーム汚職事件発覚
1924 排日移民法制定。ドーズ案成立(~1930)
1925 スコープス裁判事件
1927 リンドバーグ、大西洋横断飛行成功
1928 ケロッグ、不戦条約提唱(ケロッグ‐ブリアン条約)
1929 ニューヨーク株式市場の株価暴落、大恐慌勃発
1930 ロンドン海軍軍縮会議。ホーリー‐スムート関税法制定
1931 フーバー・モラトリアム提案。ワシントンで失業者の飢餓行進
1932 スティムソン・ドクトリンを宣言(スティムソン主義)。復興金融公社設立
1933 F・D・ルーズベルト、ニューディール政策に着手。金本位制停止。ソ連を承認。「善隣外交」を声明
1934 互恵通商法制定(互恵通商協定)。輸出入銀行設立
1935 ワグナー法、社会保障法制定。中立法制定
1937 ルーズベルト、「隔離演説」を行う
1938 海軍拡張法成立。非米活動委員会設置。産業別組合会議正式に発足
1939 日米通商航海条約の廃棄を通告。第二次世界大戦に中立を宣言
1941 ルーズベルト、「四つの自由」演説。武器貸与法制定。大西洋憲章宣言。第二次世界大戦に参戦
1942 連合国共同宣言。戦時生産局設立
1943 デトロイトで人種暴動。カイロ、テヘラン会談
1944 ダンバートン・オークス会議開催。ブレトン・ウッズ協定締結
1945 ヤルタ会談。ポツダム会談。原子爆弾投下。第二次世界大戦に勝利。国際連合創設に参加
1946 雇用法制定。原子力委員会設立
1947 トルーマン・ドクトリンを宣言。国家安全保障法制定。連邦官吏に対する忠誠審査開始
1948 マーシャル・プランに着手。米州機構設立
1949 ポイント・フォア・プログラム。北大西洋条約機構設立
1950 マッカーシー旋風起こる。朝鮮戦争に介入
1951 対日講和条約調印
1952 マッカラン法制定。水爆実験成功
1953 ダレス、「巻返し政策」演説
1954 最高裁、公立学校の人種差別に違憲判決。東南アジア条約機構設立
1955 アメリカ労働総同盟と産業別組合会議合同する(AFL-CIO)
1957 中東に関するアイゼンハワー・ドクトリン発表
1958 人工衛星の打上げ成功。航空宇宙局設立
1959 米ソ両国首脳、キャンプ・デービッドで会談
1960 日米新安全保障条約調印
1961 進歩のための同盟政策。キューバ侵攻失敗
1962 人間衛星船打上げ成功(アポロ計画)。キューバ危機
1963 人種差別反対ワシントン大行進。部分的核実験禁止条約調印。ケネディ大統領暗殺される
1964 公民権法成立。トンキン湾事件
1965 ジョンソン、「偉大な社会」政策表明。ベトナムに本格的軍事介入(ベトナム戦争)。ロサンゼルスで黒人暴動
1967 ワシントンでベトナム反戦集会(ベトナム反戦運動)
1968 キング牧師暗殺される。ベトナム和平会談開始
1969 宇宙船アポロ11号月面着陸
1970 ニクソン・ドクトリン発表
1971 ペンタゴン・ペーパーズ暴露事件。ニクソン、ドル防衛の新経済政策発表
1972 ニクソン、中国とソ連訪問。ウォーターゲート事件
1973 ベトナム和平協定締結
1974 ニクソン、大統領辞任。フォード、日本訪問
1977 カーター、「人権外交」展開。新パナマ運河条約調印
1979 米中国交樹立。SALTⅠ調印(戦略兵器制限交渉)
1980 中東に関するカーター・ドクトリン発表。モスクワ・オリンピックをボイコット
1981 レーガン、大統領に就任
1987 米ソ間で中距離核戦力全廃条約調印
1989 ブッシュ、大統領に就任
1991 米軍の主導で湾岸戦争。米ソ間でSTART(戦略兵器削減条約)調印
1993 クリントン、大統領に就任
1994 中間選挙で共和党が大勝、上下両院を制する
1995 ベトナムと国交回復
1996 アトランタでオリンピック開催
1997 1996年12月に打ち上げた火星探査機が火星に着陸。クリントン、2期連続で大統領に就任
1998 クリントン大統領のセクハラ疑惑事件。上院で弾劾裁判を受けたが無罪となる
1999 ニューヨーク株式市場で平均株価が1万ドル台の最高値を更新
1999 セルビア共和国コソボ自治州をめぐる民族紛争により、北大西洋条約機構(NATO)軍としてユーゴスラビアを空爆。

2000 オルブライト国務長官、現職閣僚で初の訪朝
2001 ブッシュ、大統領に就任
2001 ブッシュ政権、京都議定書を順守しないと表明
2001 アメリカ同時多発テロ発生。主犯とされるビンラディンの身柄引き渡しを拒否したアフガニスタン(タリバン政権)に対し、報復攻撃を開始
2002 ブッシュ大統領、一般教書演説で北朝鮮、イラン、イラクを「悪の枢軸」と非難
2002 アメリカ、ロシア、ヨーロッパ連合、国連によるイスラエル・パレスチナの和平調停不調
2002 カーター元大統領、ノーベル平和賞受賞
2002 核兵器開発を進めていたことを認めた北朝鮮に対し、米朝合意(1994)に違反と反発
2003 テロ対策統括を目的とした国土安全保障省設置
2003 スペースシャトル「コロンビア号」軌道からの再突入時に空中分解、乗組員7名死亡
2003 3月18日、イラクの大量破壊兵器問題にからんで、イラクのフセイン大統領らに48時間以内の亡命を要求する最後通告を発する。フセインが通告を拒否、20日、アメリカ・イギリス両軍がイラクを武力攻撃(イラク戦争。4月9日、首都バグダードを制圧。12月13日、アメリカ軍がイラクでフセインを拘束)
2003 アメリカ東部とカナダで大停電発生。ニューヨークなどで都市機能混乱
2004 イラクを占領統治していた連合国暫定当局(CPA)から、イラク暫定政府へ主権を移譲
2005 アメリカ南部ルイジアナ州などに大型ハリケーン「カトリーナ」が上陸、甚大な被害をもたらす
2005 ブッシュ、2期連続で大統領に就任
2006 連邦準備制度(FRB)議長、グリーンスパンの後任としてバーナンキ就任
2006 中間選挙でイラク政策が批判を受けて共和党が敗北したのを機に、ブッシュ大統領がラムズフェルド国防長官の辞任を発表、後任はロバート・ゲイツ
2007 ブッシュ、テレビ演説でイラクの治安悪化の責任を述べ、イラク駐留米軍増派を含めた新政策を発表
2007 ワシントンでイラクからの米軍即時撤退を求める大規模反戦集会
2007 メディア大手ニューズ・コーポレーションによる、ダウ・ジョーンズ(経済専門日刊紙ウォール・ストリート・ジャーナルを発行)の買収が決定
2007 サブプライムローンの焦げ付きに端を発する金融危機が広がる
2007 元副大統領のゴア、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)とともにノーベル平和賞を受賞
2007 アメリカ議会、ダライ・ラマ(第14代テンジンギャツォ)に議会名誉黄金勲章を授与
2008 拡大するサブプライムローン金融危機の影響で、大手投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻
2008 アメリカ最大の保険会社AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)救済のため、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が緊急融資を発表、AIGは政府の管理下に置かれる
2008 デルタ航空とノースウエスト航空が合併
2009 オバマ、大統領に就任(初めてのアフリカ系アメリカ人の大統領)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android