コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメンエムハト[1世] Amenemhat I

世界大百科事典 第2版の解説

アメンエムハト[1世]【Amenemhat I】

古代エジプト第12王朝の始祖。在位,前1991年ころ‐前1962年ころ。前2040年ころエジプト再統一に成功した第11王朝の最後の王メンチュヘテプ4世下の同名の宰相とおそらく同一人物で,急激な中央集権化策に反発した地方豪族の支持を背景に,クーデタにより新王朝を開いたとみられる。世襲貴族の特権を大幅に認めると同時に,中央集権国家の実現をめざして,南のテーベから北のファイユームへの王都移転,地方行政単位であるノモスの境界の確定(同時に灌漑水路網の用水権の国家による明確化),王に忠実な官僚の養成のための工人層を中心とする庶民の子弟を対象とした教育制度の整備などを行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアメンエムハト[1世]の言及

【エジプト】より

…以後テーベは約1000年にわたりエジプトの政治の中心となり,その守護神アメンも王朝神・国家神として神々の王の地位を保つことになる。第11王朝は中央集権国家体制の再建に急であったため,第1中間期に成長した世襲貴族の反発をかってクーデタで倒され,アメンエムハト1世を祖とする第12王朝が成立する。新しい王朝は地方有力貴族の多くを州知事に任命,貢租の一部の自由裁量処分や私兵の保持など支持勢力である世襲貴族の特権を尊重するが,州知事間の衝突や特定の州知事の勢力拡大を防ぐため,州の境界と灌漑水路の用水権を明確に定め,裁判官の任命権を確保,王権の経済的基盤を強化するためファイユームの干拓に着手し,首都をテーベからファイユーム盆地に近いイチ・タウイ(現在のラーフーン)に移すなど将来の中央集権化の実現へ向けて準備する。…

※「アメンエムハト[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android