コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤニシキ(綾錦) アヤニシキ Martensia denticulata Harv.

1件 の用語解説(アヤニシキ(綾錦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アヤニシキ【アヤニシキ(綾錦) Martensia denticulata Harv.】

外洋に面した岩礁上のやや深所に生育する紅紫色の花がひらいたような一年生の紅藻で,コノハノリ科に所属する(イラスト)。体は薄い膜状で,大きさは5~20cmになる。生長すると体の周囲の細胞列は縦と横に組み合わさってしま模様をつくる。この網目構造の部分は放射状に裂けやすく,裂けてふさ状になった紅紫色の藻体が海中でゆれ動く様子は実に美しい。和名は体の美しいことに由来する。本州(関東地方以南の太平洋沿岸,中部以南の日本海沿岸),四国,九州,八丈島朝鮮半島,中国沿岸に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アヤニシキ(綾錦)の関連キーワード荒布一等鯛乾生小玉貝テーブル珊瑚目鯛好熱菌カワノリ好冷細菌立木(りゅうぼく)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone