コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤボラ(綾法螺) アヤボラ Oregon triton shell

1件 の用語解説(アヤボラ(綾法螺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アヤボラ【アヤボラ(綾法螺) Oregon triton shell】

北日本に多い殻表にわら色で粗い毛状の厚い皮をかぶった細長いフジツガイ科の巻貝(イラスト)。そのためケツブともいう。殻は高さ13cm,太さ7cm,7巻きくらいしていて,白く,やや薄くてもろい。各層は丸く膨らんで,表面に横の肋と縦の肋とが交ざって粗い布目をつくる。最後の巻きは大きくて下方へのびる。殻皮は老成すると上のほうからはげる。殻口も大きく卵形で,内面は白色。下方は狭くなって溝状の水管になる。ふたは卵円形でやや厚い革質で黒褐色

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アヤボラ(綾法螺)の関連キーワード東北日本厚皮剛毛真鰈石畳貝疣蟹毛嵐夏黄櫨雲雀貝斑入海豹

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone