コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤメ平 アヤメだいら

1件 の用語解説(アヤメ平の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕アヤメ平(アヤメだいら)


群馬県北東部、尾瀬ヶ原(おぜがはら)の南方にある湿原。標高約1900~1940m。片品(かたしな)村に属する。2007年(平成19)8月、日光(にっこう)国立公園から分離して指定された尾瀬国立公園の重要な一画を占める。ミズゴケ・ニッコウキスゲなどが群生し、池塘(ちとう)が点在。8月には葉がアヤメに似たキンコウカが咲く。東方に富士見小屋があり、ハイキング客でにぎわう。観光客の踏みつけにより池塘が荒れ、木道以外は通行禁止になった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヤメ平の関連キーワード尾瀬尾瀬沼至仏山八方ヶ原浅茅が原尾瀬草那須野ヶ原尾瀬ヶ原片品[村]三平峠

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アヤメ平の関連情報