コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤメ平(読み)アヤメだいら

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕アヤメ平(アヤメだいら)


群馬県北東部、尾瀬ヶ原(おぜがはら)の南方にある湿原。標高約1900~1940m。片品(かたしな)村に属する。2007年(平成19)8月、日光(にっこう)国立公園から分離して指定された尾瀬国立公園の重要な一画を占める。ミズゴケ・ニッコウキスゲなどが群生し、池塘(ちとう)が点在。8月には葉がアヤメに似たキンコウカが咲く。東方に富士見小屋があり、ハイキング客でにぎわう。観光客の踏みつけにより池塘が荒れ、木道以外は通行禁止になった。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アヤメ平の関連情報