アラカン[州](英語表記)Arakan

世界大百科事典 第2版の解説

アラカン[州]【Arakan】

ミャンマー連邦に含まれる七つのの一つ。現ラキン州。1973年の新憲法制定と同時に設置が認められた。行政的には17郡に細分され,州都シットゥエ以外に,主要都市としてチャウピュー,タンドゥエなどがある。バングラデシュとはナーフ川を隔てて隣接しているものの,ミャンマー中央部とはアラカン山脈によって切断されている。面積3万7000km2,人口248万(1994)。海岸線は640kmと長いが,平野部の幅は北部で150km,南部で24kmと狭い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android