コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラゲハンゴンソウ あらげはんごんそう

世界大百科事典内のアラゲハンゴンソウの言及

【ルドベキア】より

…多年生種の代表は野生化することもあるオオハンゴンソウR.laciniata L.(英名golden glow)やそれの園芸品種である八重咲きのハナガサギク(別名ヤエザキオオハンゴンソウ)cv.Hortensisが多く見られる。一年生種には,茎葉に粗毛のあるアラゲハンゴンソウR.hirta L.(=R.serotina Nutt.)(英名black‐eyed Susan,yellow daisy)と,これから改良された四倍体大輪のグロリオサ・デージーcv.Gloriosa Daisyが多く栽培され,後者には直径15cmにもなる大きな頭花が黄色,黄色に栗色の蛇(じや)の目入り,栗赤色などになるもののほか,八重咲品種もある。オオハンゴンソウ属と,それに近縁な植物は頭花の花盤がもりあがり円錐状になり,トウモロコシの穂を思わせるので,英名をcone flowerともいう。…

※「アラゲハンゴンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone