コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラジャ・ヒュユク Alaca Hüyük

1件 の用語解説(アラジャ・ヒュユクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アラジャ・ヒュユク【Alaca Hüyük】

トルコのアナトリア高原中央北部にある遺跡。ボアズキョイの北東約32kmにある低いテル。1835年の調査によってスフィンクス門があることが知られ,発掘が進むにつれてヒッタイト新王国の都市遺跡であることがわかった。しかし1935‐39年,トルコの考古学者コシャイH.Z.KoşayやアリクR.O.Arikが都市遺跡の下層から初期青銅器時代に属する独自の文化を発見したことによって学史的にも特に重要な位置を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアラジャ・ヒュユクの言及

【鉄】より

…アナトリア東部は,アルメニアとともにしばしば製鉄の起源地に仮定されてきた地域である。前3千年紀,アラジャ・ヒュユクのハッティ人の王墓(前2500ころ‐前2400ころ)から出土した鉄剣は,人造鉄による大型の器具として最古のものである。前2千年紀にアナトリアに入ってきたヒッタイト人は,〈鉄〉を意味するハッティ語ハパルキhapalkiとともに土着の優れた製鉄技術を受け継いだ。…

【ヒッタイト】より

…また,半浮彫の彫刻は,小像同様,新王国時代にのみ認められるものである。今日まで確認されているおもな半浮彫の彫刻は,ボアズキョイの城門の門柱としてある獅子,王(軍神という説もある),あるいはアラジャ・ヒュユクのスフィンクス門などである。前者の獅子のたてがみ,王の後髪,胸部などは,驚くほど丹念に彫刻されている。…

※「アラジャ・ヒュユク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone