コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラセツ[秋名] アラセツ[あきな]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラセツ[秋名]
アラセツ[あきな]

鹿児島県,奄美大島龍郷町秋名で行なわれる,旧暦 8月最初の丙(ひのえ)の日の行事。アラセツは新節,すなわち収穫を終えて迎える一年の節目の日のことで,本土でいう正月に相当する。秋名のアラセツには,朝のショチョガマと夕方の平瀬マンカイの二つの行事がある。ショチョガマは,男たちが竹木で建てた小屋の上に乗り,東西の稲魂を招き寄せ豊作を感謝する内容の歌をうたいつつ,日の出とともに小屋を踏み倒す。一方,平瀬マンカイは,夕潮の満ち上る頃,神役の女たちとその補佐役とが,それぞれ海辺の神平瀬とメラベ平瀬という二つの岩に立って向かい合い,互いに両手を招くように振って,稲魂を招く歌などをかけ合う。マンカイは招き合いの意といわれる。神歌のあとには神役による豊年祈願と補佐役による八月踊りがある。秋名のアラセツ行事として国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android