コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラソン アラソン Arason, Jón

2件 の用語解説(アラソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラソン
アラソン
Arason, Jón

[生]1484頃
[没]1550
アイスランドの詩人,最後のカトリックの司教。デンマーク王クリスチアン3世によるルター主義強制に抵抗したが,捕えられ斬首された。『聖受難哀歌』など,すぐれた宗教詩と世俗詩を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラソン
あらそん
Jn Arason
(1484―1550)

アイスランド最後のカトリック司教。宗教・世俗詩人。印刷術をアイスランドに導入した(1530年代)ことでも知られる。1507年司祭となり、1522年ホッラルHlarの司教に選出された。ベルゲンでは大司教に認められ、教会領の管理をし、地方監督官となった。宗教改革の影響で母国のスカルホルトSklholtの教会がルターを支持する司教エイナルソンを受け入れたとき(1540)、敬虔(けいけん)な旧教徒でありデンマーク王権の反発者であった彼は、自分の教会職を堅持した。のち司教選挙に出馬したが敗れ、1548年その地位を剥奪(はくだつ)されたが、同地にとどまり、新任司教を拘束したため、逆に自らが拘禁された。この事件は議会や王に諮られることなく、彼は2名のカトリック信徒とともに斬首され、その悲劇的結末のため国民的英雄となった。その詩風は、とりわけ世俗詩では楽天主義的であった。[荒川明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラソンの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラソンの関連情報