コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラヌス[リールの] Alanus de Insulis

1件 の用語解説(アラヌス[リールの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アラヌス[リールの]【Alanus de Insulis】

1128以前‐1202
シトー会修道士,神学者。フランス名はアラン・ド・リールAlain de Lille。リールで生まれ,パリに出て哲学,神学,文学を広く学んだので〈全科博士doctor universalis〉と呼ばれた。のちにカタリ派の一部と見られるアルビ派に対する宣教師となる。《対異端信仰論》はその時のもの。12世紀後半の合理主義神秘主義とを結合して書いた二つの詩,《自然の嘆き》《アンティクラウディアヌス》は文学史上著名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アラヌス[リールの]の関連キーワード寂蓮藤原俊成女源頼家comicoインドネシアの先住民県内の津波避難対策西園寺家散木奇歌集マティルダ皇嘉門院

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone