コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラヌス[リールの] Alanus de Insulis

世界大百科事典 第2版の解説

アラヌス[リールの]【Alanus de Insulis】

1128以前‐1202
シトー会修道士,神学者。フランス名はアラン・ド・リールAlain de Lille。リールで生まれ,パリに出て哲学,神学,文学を広く学んだので〈全科博士doctor universalis〉と呼ばれた。のちにカタリ派の一部と見られるアルビ派に対する宣教師となる。《対異端信仰論》はその時のもの。12世紀後半の合理主義と神秘主義とを結合して書いた二つの詩,《自然の嘆き》《アンティクラウディアヌス》は文学史上著名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アラヌス[リールの]の関連キーワード寂蓮バルデマー(2世)アラン[リール]藤原俊成女スベッレカヌート6世スベッリ・シグルソン源頼家comicoインドネシアの先住民

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android