コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビアン・ライト Arabian light

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビアン・ライト
Arabian light

OPEC諸国が生産する原油価格決定の基準となっていた原油 (マーカー原油) の種類。 130種以上もあるこれらの諸国の原油は,それぞれその比重,市場からの距離,硫黄含有量を勘案して,価格が決定されていたが,サウジアラビア産のこの原油 (API比重 34度) がその基準となっていた。しかし,1985年の OPEC総会で,この基準原油価格制度は事実上廃止され,各代表油種ごとに原油価格を設定することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアラビアン・ライトの言及

【OPEC】より

…この結果,世界経済とくに日本を中心とする石油輸入国は,第1次石油危機に苦悩することとなった。 78年末からのイランの国内混乱(イスラム革命)を契機として第2次石油危機が発生して,原油の公式販売価格GSP(government sales price)(100%の事業参加や国有化がなされた結果,公示価格は意味を失う)はさらに3倍近くも値上げされ,81年11月から,標準原油のアラビアン・ライトの価格は,1バレル当り34ドルとなった。しかも,事業参加も,第1次石油危機以降急激に進められ,ほとんどの国で100%の事業参加や国有化が達成されており,その他の国でも60%参加が実現している。…

※「アラビアン・ライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラビアン・ライトの関連キーワード石油輸出国機構石油産業

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android