コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア石油[株] アラビアせきゆ

百科事典マイペディアの解説

アラビア石油[株]【アラビアせきゆ】

サウジアラビア(1957年),クウェート(1958年)両国から得た石油利権に基づき,1958年設立された日本最初の海外資源開発会社。両国政府も各10%を出資。1960年両国中立地帯沖合のカフジ油田1号井に成功,引き続き開発を進め1966年年産1700万klに達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラビアせきゆ【アラビア石油[株]】

日本最初の海外石油資源開発会社。1957年,日本輸出石油社長の山下太郎(1889‐1967)が,サウジアラビア政府と石油利権獲得のため交渉を重ねた結果,サウジアラビアおよびクウェートの中立地帯沖合地域の石油開発利権協定を締結したことに始まる。翌58年2月,山下太郎(後年〈アラビア太郎〉と呼ばれた)は,石坂泰三ら財界の協力のもと,電力,鉄鋼,商社など日本の代表的企業40社の参加を得て,アラビア石油(株)を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラビア石油[株]の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎フラー(Curtis Fuller)マキノ雅広森一生反右派闘争石井桃子内田吐夢加藤泰黒澤明

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android