アラビア石油[株](読み)アラビアせきゆ

百科事典マイペディアの解説

アラビア石油[株]【アラビアせきゆ】

サウジアラビア(1957年),クウェート(1958年)両国から得た石油利権に基づき,1958年設立された日本最初の海外資源開発会社。両国政府も各10%を出資。1960年両国中立地帯沖合のカフジ油田1号井に成功,引き続き開発を進め1966年年産1700万klに達した。1968年同地北方のフート油田でも試掘に成功。1966年カフジに製油所を建設し,ナフサ,ディーゼル油,重油などを生産。2000年2月にカフジ油田の採掘権が期限切れとなるため日本・サウジアラビア両政府での交渉が続けられたが,合意に達せず失効した。クウェート政府から得ている2003年1月期限の採掘権は新契約を締結。2003年1月富士石油との経営統合により持ち株会社AOCホールディングスを設立。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラビアせきゆ【アラビア石油[株]】

日本最初の海外石油資源開発会社。1957年,日本輸出石油社長の山下太郎(1889‐1967)が,サウジアラビア政府と石油利権獲得のため交渉を重ねた結果,サウジアラビアおよびクウェートの中立地帯沖合地域の石油開発利権協定を締結したことに始まる。翌58年2月,山下太郎(後年〈アラビア太郎〉と呼ばれた)は,石坂泰三ら財界の協力のもと,電力,鉄鋼,商社など日本の代表的企業40社の参加を得て,アラビア石油(株)を設立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android