アラブ経済社会開発基金(読み)あらぶけいざいしゃかいかいはつききん(英語表記)Arab Fund for Economic and Social Development

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラブ経済社会開発基金
あらぶけいざいしゃかいかいはつききん
Arab Fund for Economic and Social Development

略称AFESD。アラブ諸国の経済・社会開発を促進することを目的とする地域金融機関。1968年に設立協定が交わされて、1971年12月に発効し、基金の運営は1974年初めから開始された。加盟国はアラブ21か国(パレスチナを含む)、本部はクウェートに置かれている。アラブ諸国の経済成長を促し、地域の経済統合や協力を進めるために、開発プロジェクトに対する有利な条件の融資、公・私的資本投資の促進、さらに専門的な技術援助を行っている。2007年末現在、授権資本は8億クウェート・ディナールであり、そのうち6億6304万クウェート・ディナールが払込済資本金である。資産(払込済資本金と準備金)は 25億3504万クウェート・ディナール。融資承認累計額は58億1773万クウェート・ディナールで、実行融資累計額は38億1133万クウェート・ ディナール、融資返済累計額は17億3368万クウェート・ディナールである。また、技術援助の承認累計額は1億3498万クウェート・ディナールで、実行累計額は1億0026万クウェート・ディナールである。[秋山憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android