コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラン・フルニエ Alain‐Fournier

1件 の用語解説(アラン・フルニエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アラン・フルニエ【Alain‐Fournier】

1886‐1914
フランスの小説家。本名はHenri Alban Fournier。1913年《NRFエヌエルエフ)》誌に連載されたのち直ちに刊行された《モーヌの大将Le Grand Meaulnes》の作者。この小説は夢と現実の混淆した幻想的世界における青春の内的冒険を描きだし,これまでの写実的な小説と対立するまったく新しい小説として迎えられ,以後若い世代の作家たちに大きな影響をあたえた。しかし第2作を完成する間もなく,第1次世界大戦に出征して,14年9月戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラン・フルニエの関連キーワードカルコフランスフランダースの犬アランフルニエゴンクール赤い数珠赤い輪ノー・マンズ・ランド813三つの眼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone