コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラン・フルニエ Alain‐Fournier

1件 の用語解説(アラン・フルニエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アラン・フルニエ【Alain‐Fournier】

1886‐1914
フランスの小説家。本名はHenri Alban Fournier。1913年《NRFエヌエルエフ)》誌に連載されたのち直ちに刊行された《モーヌの大将Le Grand Meaulnes》の作者。この小説は夢と現実の混淆した幻想的世界における青春の内的冒険を描きだし,これまでの写実的な小説と対立するまったく新しい小説として迎えられ,以後若い世代の作家たちに大きな影響をあたえた。しかし第2作を完成する間もなく,第1次世界大戦に出征して,14年9月戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アラン・フルニエの関連キーワードナンバースクール岩石区イタリア映画東海道本線東洋紡績(株)ロッキード事件帝国大学スティーブンソン帝国大学クラーク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone