コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラー・ウッディーン・ハルジー `Alā al-Dīn Khaljī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラー・ウッディーン・ハルジー
`Alā al-Dīn Khaljī

[生]?
[没]1316
インド,デリー・サルタナットのハルジー朝第2代の王 (在位 1296~1316) 。初代王ジャラールッディーンを殺して王位についた。ハルジー朝の実際上の建設者として有名。重臣マリク・カーフールを指揮者として,デカン,南インド地方に大遠征軍を送り,ヤーダバ朝の首都デオギル,カーカティーヤ王国の首都ワランガルなどの都市やマドゥラ,ラーメーシュワラムなどのヒンドゥー寺院を略奪,勢力を拡大。しかし彼の死後,王朝は衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アラー・ウッディーン・ハルジーの関連キーワードジャラール・ウッディーン・ハルジーインド史ヤーダバ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android