アリ サブリー(英語表記)Alī Sablī

20世紀西洋人名事典の解説

アリ サブリー
Alī Sablī


1920.8.30 - 1991.8.3
エジプトの軍人,政治家。
アラブ社会主義連合事務総長,元・副大統領
1948年パレスチナ戦争に従軍。’52年自由将校団クーデタ、エジプト革命に参加。’57年大統領府国務相、’62年より首相となる。’67年より副大統領、副首相、地方行政相、スエズ運河相を兼任。’68年アラブ社会主義連合事務総長、外務担当執行委員、書記長を務める。70年より副大統領。ナセルの死後サダトと対立、’71年副大統領を解任され反政府陰謀計画の容疑で終身労働刑判決をうける。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android