コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリアケカズラ(有明蔓) アリアケカズラAllamanda cathartica var.hendersonii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリアケカズラ(有明蔓)
アリアケカズラ
Allamanda cathartica var.hendersonii

キョウチクトウ科の半つる性の園芸植物。ブラジルなど南アメリカ熱帯原産の母種からの改良種で,ハワイをはじめ熱帯各地で生垣などに広く栽培される。常緑の葉は無柄で対生,または3~4枚が輪生し,長さ8~12cmの楕円形,全縁で表面に光沢がある。葉や茎を傷つけると白い乳汁が出る。夏から秋にかけて,大きな漏斗形の花が数個ずつ集ってつく。花は鮮黄色で光沢があり,花冠の上半部は5片に分れ,互いに回旋状に重なり合う。また,花冠中央の内側はオレンジ色をなす。日本でも沖縄,小笠原,南九州などでは屋外に栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android