アリアラテス5世エウセベス・フィロパトル(読み)アリアラテスごせいエウセベス・フィロパトル(英語表記)Ariarathēs V Eusebes Philopatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリアラテス5世エウセベス・フィロパトル
アリアラテスごせいエウセベス・フィロパトル
Ariarathēs V Eusebes Philopatōr

小アジア東部,カッパドキアの王。在位前 163~130年頃。アリアラテス4世の末子。ローマやセレウコス朝に反抗し,ペルガモンアッタロス2世と組んで領土を拡大。ヘレニズム文化を奨励し,自身はアテネの市民となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android