アリガタバチ(蟻形蜂)(読み)アリガタバチ(英語表記)bethylid wasp

世界大百科事典 第2版の解説

アリガタバチ【アリガタバチ(蟻形蜂) bethylid wasp】

膜翅目アリタバチ科Bethylidaeに属する外部捕食寄生性のハチ総称。体長数mm,体は細長く一般に青銅光沢があり,に無翅のものが多いが両性ともに無翅のこともある。小型のため分類学的・生態学的研究は遅れている。ほぼ全世界に分布し,とくに熱帯と亜熱帯に多い。小型の甲虫の幼虫,巻葉やつづり葉の中に潜むガの幼虫をとる。みずから巣をつくることはない。日本にすむキアシアリガタバチLaelius microneurusは,毛織物や昆虫標本の害虫であるヒメマルカツオブシムシの幼虫に寄生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android