コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリガタバチ(蟻形蜂) アリガタバチ bethylid wasp

1件 の用語解説(アリガタバチ(蟻形蜂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アリガタバチ【アリガタバチ(蟻形蜂) bethylid wasp】

膜翅目アリガタバチBethylidaeに属する外部捕食寄生性のハチの総称。体長数mm,体は細長く一般に青銅光沢があり,雌に無翅のものが多いが両性ともに無翅のこともある。小型のため分類学的・生態学的研究は遅れている。ほぼ全世界に分布し,とくに熱帯と亜熱帯に多い。小型の甲虫の幼虫,巻葉やつづり葉の中に潜むガの幼虫をとる。みずから巣をつくることはない。日本にすむキアシアリガタバチLaelius microneurusは,毛織物や昆虫標本の害虫であるヒメマルカツオブシムシの幼虫に寄生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アリガタバチ(蟻形蜂)の関連キーワード膜翅類小繭蜂癭蜂土蜂葉切蜂葉蜂鼈甲蜂飴蜂有難有難山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone