コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリジゴク(蟻地獄) アリジゴクant lion

翻訳|ant lion

世界大百科事典 第2版の解説

アリジゴク【アリジゴク(蟻地獄) ant lion】

ウスバカゲロウ科の昆虫の幼虫。多くは砂地にすり鉢状の巣穴をつくり,その底に潜み,穴に落ち込んだアリのような小昆虫を捕食する。ウスバカゲロウ【塚口 茂彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアリジゴク(蟻地獄)の言及

【ウスバカゲロウ】より

…長さ約2mmの円筒形の卵は1個ずつ地中に産みつけるが,孵化(ふか)までに約20日を要する。幼虫はアリジゴク(イラスト)と呼ばれ,よく知られている例ではコウスバカゲロウMyrmeleon formicariusのようにすり鉢状の巣穴をつくりそこに落下した獲物をとらえるが,種によっては巣穴を形成せず,オオウスバカゲロウHeoclisis japonicaでは海岸の砂中に埋もれて身を隠し,コマダラウスバカゲロウDendroleon jezoensisでは岩の表面に生えた地衣類に擬態して,獲物を待ち伏せる。幼虫期間は長く約2年である。…

※「アリジゴク(蟻地獄)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android