コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリスタルコス[サモス] Aristarchus of Samos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリスタルコス[サモス]
Aristarchus of Samos

[生]前310頃.サモス
[没]前230頃
古代ギリシアの天文学者。ピタゴラス派の説いた地球の回転説を支持し,地球の自転および太陽のまわりの公転を説いたといわれ,そのためにストア派の学者から神の冒涜者と非難された。月食のときに月に映る地球の形から,月の大きさは地球の約3分の1と考え,また半月の際の太陽と月の位置関係から,地球から月および太陽までの距離の比は1:18~20であることを求めた (実際は1:400程度) 。ほかに1年の長さの正確な決定も行なった。彼の地動説は当時ほとんど支持されなかったが,後世 N.コペルニクスによって注目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アリスタルコス[サモス]の関連キーワード議決権コンスタンティヌス(大帝)劉淵コンスタンティヌス[1世]マクシミアヌスマクシミヌス・ダイア劉淵劉淵エウセビウスオゾン層

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android